意識的に考えないこと

ストレスを溜めないようにする

女性だけでなく男性にも言えることですが、過剰なストレスをためることで、精神的なダメージを受けてしまいさまざまな病気につながるケースが有ります。

 

うつ病や不眠症などは、過剰なストレスを貯めこむことが要因だと言われています。

 

人生の中では誰しもストレスはあるものですが、溜めすぎることが問題。
過剰なストレスが毎日のように起こると、女性の場合は女性ホルモンに変化が起こります。

 

 

ストレスの要因としては、金銭的なトラブルから、仕事、友達、家族などさまざまなことが関係し、目には見えない攻撃が脳の視床下部にダメージを受けてしまい、そこから体内を通過し、卵巣にたいする指令をうまく与えることができず、バランスの維持ができなくなります。

 

すると、エストロゲンとプロゲステロンの低下が関係し、子宮内膜の影響や経血とともに、月経の痛み、生理周期の乱れが起こってしまいます。

 

その結果、月経のメカニズが乱れて、排卵も起こりにくくなってしまいます。

 

生理不順は原因不明の場合も多いのですが、実はその殆どに過剰なストレスが関わっていると言われているので、普段からストレスがたまらないように意識したいものです。

 

 

普段の生活をしていくと、だれしもストレスは溜まるもの。そのために、ストレスを感じそうになったら、適度に緩和させることが重要です。

 

ここらへんは自分次第になると思います。
現段階では、ストレスを改善する薬やサプリは開発されていないために、まずは自分の中でどれだけストレスを緩和させるかが大切です。