子宮内膜症にプロゲストーゲン

子宮内膜症

月経時に痛みや出血量を増やす「子宮内膜症」。

 

10代後半から30代にかけて起こりやすい症状「子宮内膜症」。
特に、生理のある女性に多く、10人に1人は経験するといわれる悩まされがちな症状の一つです。

 

一般的に子宮の内側には、女性ホルモンである「黄体ホルモン」の作用で、受精卵が整いやすいように定期的にに厚く柔らかくなる状態になり、妊娠に備えます。

 

この作用が一般的な子宮の流れです。

 

しかし、内側でしか存在しない子宮内膜が、さまざまなことが重なり、卵巣や腹膜に現れ、月経の時に出血を繰り返しやすくなります。

 

このようなことを何度も、何度も繰り返すことで、出血の量が多く、痛みが強くなります。

 

初期の段階では、血液の量が少ないために、痛みはなく、出血の量も少ないとされています。
しかし、年齢や月経の回数を重ねることで、どんどん卵巣部分に古い血液が溜まり、
これが「チョコレートのう重」になるわけです。

 

子宮内膜症にトリキュラー28

この子宮内膜の症状に効果を発揮してくれるのがトリキュラー28になります。

 

あくまでも、トリキュラー28を服用うすることで、
直接的に子宮内膜に着床するわけではなく、間接的な効果になります。

 

トリキュラー28にはプロゲストーゲンを排出量を抑制する効果があり、
なおかつ、痛みを完治させる神経を生長させる因子「NGF」を減少させ、
自然と鎮痛効果を発揮してくれます。

 

この作用により、子宮内にできた子宮内膜の増加を抑えてくれます。

 

 

これが、子宮内膜症に対するトリキュラー28の効果になります。

 

 

ページの上へ