ピルでは予防ができない?

使用車が多いコンドーム

ピルを使うよりもコンドームのほうが妊娠の予防には効果があるのでは?そんなことを考える人もいるかもしれませんが一番はトリキュラー28などのピルが妊娠の予防に期待できます。

 

 

コンドームについては何十年も前からバリア法として普及されていますが、だからといって100%の確率で予防ができるわけではありません。天然ティックスゴムで作られた袋でペニスにかぶせて射精された精子をこの中に閉じ込める方法です。

 

ペニスをゴムで装着するために、たとえ精子を放出しても防ぐことが出来るのではないか?と考える人もいると思います。理論的に100%予防できると考える人もいますが、約80〜90%の確率で予防の効果はあるものの、避妊失敗率は約12%と言われているために、キチンと正しい方法を行いたいものです。

 

もちろんですが、コンドームそ者のの品質が劣化しないように着社日光の当たらないところ、防虫剤などが入っていないところに保管をしておくことは重要ですが、たとえば、コンドームを装着するタイミングが遅かったということで妊娠になるということも有ります。

 

そのために一番はトリキュラー28などの避妊予防のピルを事前に服用をしておくことです。もっといえば、ピルを服用しつつ、コンドームもパートナーに装着をしてもらうことです。そうすれば100%の確率で予防することができ、心置きなく性行為を行うことができます。